止水プラグと下水道カメラ

流入水中の有機物量(BD)の比(FM比)が一定であるように管理する。そのためには返送汚泥量を管理し反応タンク内のMSS濃度を調整することが重要である。しかし実際には流入水量も流入する。
 
右図参照尚流れのある。管路に止水プラグを設置する。
 
汚泥処理ざ]ぬ自心嚢。難圖ヒグロ。凶。乙ドレスデン処理場の卵形消化槽汚泥処理アタ嫌気性菌である。メタン細菌の好適な活動温度は私たちの体温に近い℃程度である。が℃付近を好適温度とする。
 
土壌では、濾過および吸着、微生物による分解が行われ、有機物、窒素、燐などが除去されます。下水道カメラ工法は、深さ50~100cm、幅30~50cmの溝を堀り、その中に敷設した有孔管により汚水を流し込みます。
 
東京と中京地域、1994(平成6)年には四国と北九州地域を中心とした日本の約半分の地域で渇水となりました。いずれも大都市で多くは西日本で発生しています。給水制限が長期化したのです。

カテゴリー: 止水プラグ 下水管 調査 カメラ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です